BASF We create chemistry
きゅうりのうどんこ病対策!原因・症状と防除法&おすすめの殺菌剤を紹介
出典 : Kaz / PIXTA(ピクスタ)
  • 生産技術

きゅうりのうどんこ病対策!原因・症状と防除法&おすすめの殺菌剤を紹介

うどんこ病は、べと病、褐斑病とともに、とりわけきゅうりがかかりやすい代表的な病害です。発生してしまうと重症化しやすく、感染が広まってからでは防除が困難です。この記事ではうどんこ病にかかる原因や症状、予防対策について紹介します。

きゅうりを栽培するに当たって注意すべき病害の1つに、うどんこ病があります。発生すると胞子によって短期間で伝染し、重症化も早いため早期発見・早期防除が肝要です。症状の似た代表的な病害との違いや効果的な農薬の使用方法を知り、適切な防除に備えましょう。

どんな被害がある?きゅうりの病害「うどんこ病」の主な症状

うどんこ病のきゅうり 発病初期の被害葉

うどんこ病のきゅうり 発病初期の被害葉
写真提供:HP埼玉の農作物病害虫写真集

うどんこ病は野菜類や花きなど、ほとんどの植物に発生します。野菜類ではトマトやナスなどのナス科植物や、きゅうりなどのウリ科植物がうどんこ病にかかりやすいといわれます。きゅうりに感染するものは特に「キュウリうどんこ病」と呼ばれることがあります。

感染すると初期には葉の表面にうどん粉をふりかけたような白色の斑点を生じます。症状が進むと茎や葉柄、葉裏にも白斑が出るようになり、葉の全体が白いカビに覆われます。症状が激しくなると、葉は黄化して枯れます。

茎に症状が出た場合は水を吸い上げることができなくなり、株全体が枯れてしまいます。

キュウリうどんこ病 発病後期葉

キュウリうどんこ病 発病後期葉
写真提供:HP埼玉の農作物病害虫写真集

キュウリうどんこ病の原因と、発生しやすい条件

続いては、キュウリうどんこ病が発生する原因および発生しやすい条件について詳しく解説します。

うどんこ病を発症させる原因は「カビ」

うどんこ病の病原菌はウドンコカビ科に属する菌の総称で、多数の菌種を含みます。うどん粉をまいたような症状の類似から命名されたためです。また、宿主となる植物によってもそれぞれ菌の分化があり、その数は1科16属約900種程度といわれています。

キュウリうどんこ病の病原菌は、「Sphaerotheca fuliginea」と「Oidiopsis taurica」の2種類があり、時期や地域によって感染する菌が異なります。

Sphaerotheca fuliginea」による症状は、葉面にうどん粉をふりかけたように白色粉状のかびを生じる、よく見られるものです。きゅうりのほかメロン・スイカ・かぼちゃなどウリ科の作物が宿主になります。

Oidiopsis taurica」による症状は、葉の表面に黄色い斑点を生じ、葉の裏面ではやや角張った薄い黄色の不鮮明な斑点になります。きゅうりの被害は少なく、ピーマン・オクラ・ナスなどによく見られます。

また、うどんこ病の病原菌は「絶対寄生菌」といい、生きた植物のみに寄生し、枯れた植物には寄生しません。つまり、同じほ場で栽培している同種の作物同士や、ほ場周辺の雑草などで繁殖した病原菌が、うどんこ病の伝染源となります。

春・秋の冷涼な時期に湿度が上がると、胞子が形成されやすくなる

きゅうりの施設栽培

kaka / PIXTA(ピクスタ)

うどんこ病の病原菌は、夜間、湿度97~99%かつ15~16℃ほどの多湿・冷涼な条件下で胞子形成が促されます。

そして、日中の湿度40~70%というやや乾燥した条件下で胞子が風に乗って拡散し感染・発症します。そのため、朝夕に冷え込む春・秋に多く見られます。

高温・多湿では発生しにくいので、梅雨と真夏にはあまり見られません。露地栽培では、特に秋の抑制栽培で多く見られます。

ただし、施設栽培においては、湿度や温度の状況によっては年間を通して発生し続け、被害が大きくなってしまうこともあります。

症状の見分け方は?カビが原因で発生する、きゅうりのその他の病害

続いては、うどんこ病によく似ていて、注意したい症状を持つきゅうりの病害について紹介します。原因と症状、うどんこ病との違い、発生条件と対策を理解し、その特徴をしっかり把握することが大切です。そして、それぞれの病害に対して適切な対処を取りましょう。

黄褐色の病斑が葉のみに現れる「べと病」

べと病のきゅうり 葉脈で区切られた黄緑色病斑

べと病のきゅうり 葉脈で区切られた黄緑色病斑
写真提供:HP埼玉の農作物病害虫写真集

べと病の病原菌は、うどんこ病と同じく糸状菌の一種です。暖かくなると胞子が分散され、伝染・発症します。わずかな水分で、泥はねから感染するケースが多く、露地栽培に多い病害です。

症状は葉のみに見られます。初期には、葉脈に区切られ、角ばった淡黄色~黄褐色の小斑点が発生します。病斑が多発するとまとまって大きな班となり、やがて葉全体が黄褐色になります。病斑の裏側にはビロード状のカビが見られ、症状が進むと葉がもろくなります。

白い粉のようなカビは見られないので、うどんこ病と区別がつきやすいでしょう。発生した場合は、罹病葉や株の除去、発病した表土を深く埋め込む、農薬散布などの対処を速やかに行います。

高温多湿下で発生しやすい「褐斑病」

褐斑病のきゅうり 病斑

褐斑病のきゅうり 病斑
写真提供:HP埼玉の農作物病害虫写真集

褐斑病も糸状菌を病原とする病害の1つです。ウリ科の植物の中でも特にきゅうりに多発し、25~28℃の高温多湿環境を好みます。被害茎葉や、葉を含む土壌中に生存し、病斑上に形成される胞子が風にのって拡散します。

施設栽培で高温多湿になった場合や降雨の多い時期の露地栽培で発生が増えます。初期の症状は、葉のみに黄褐色で円形の小斑点を生じます。次第に径5〜10mm、大きい場合は30mm近くまで拡大し、灰褐色で輪紋のある斑となります。

病斑が大型になることや、病斑部分にカビが生えない点で他の病害と区別します。密植や換気不良による過湿状態で発生しやすいため、栽植間隔と適度な湿度を保って管理しましょう。

うどんこ病の防除方法と、発生してしまった場合の対処法

最後に、うどんこ病の防除の具体的な方法と注意点について解説します。

【耕種的防除】うどんこ病に対する耐病性が高い品種を選び、過度な乾燥を避ける

耕種的防除として、「千夏」「クラージュ」「ディソール」など、うどんこ病への耐病性が認められている品種を選ぶのも効果的です。ほかの病害にもそれぞれ抵抗性を持つ品種があるので、環境に合わせて発生が予想される病害に強い品種を選びましょう。

うどんこ病の発生を避けるには、病原菌が胞子を放出しやすい乾燥した環境にならないよう、注意することが大切です。

ただし、多湿になるとべと病が発生しやすくなるため、施設栽培においては温湿度管理を適切に行う必要があります。

株間が狭く、枝葉が混み合って重なり風通しが悪くなっている場所も、うどんこ病の病原菌が好む環境です。適度な株間を保ち、整枝して風通しをよくしましょう。

また、うどんこ病や褐斑病は、窒素過多のほ場で発生しやすく、症状が激化する傾向があります。窒素成分の多い肥料の施用を控え、土壌pHの適正化に努めることも大事です。

きゅうりの施設栽培では適度な株間と整枝で風通しをよくする

riri / PIXTA(ピクスタ)

【農薬による防除】きゅうりのうどんこ病に効果のある殺菌剤をローテーション散布する

うどんこ病はきゅうりに多発する代表的な病害であり、効果の高い農薬が数多く登録されています。ただし、薬剤耐性のある病菌が発生しやすく、そうなると効果が著しく低下してしまうので注意しましょう。

薬剤耐性のある病菌の発生を防ぐためには、有効成分の系統や作用性が異なる殺菌剤を複数持ち、ローテーション散布する必要があります。また、耕種的防除とも組み合わせて、予防的な散布や早期散布に努め、散布回数自体を減らすようにすることも大切です。

以下に、おすすめの農薬をいくつか挙げます。いずれも2021年3月現在、きゅうりのうどんこ病に対して登録のある農薬です。使用にあたっては、ラベルの記載内容をよく確認し、使用方法を守って正しく散布してください。

「ストロビーフロアブル」

有効成分はクレソキシムメチル。病原菌の胞子形成を阻害します。予防効果に優れるため、発生が疑われる場合や発生初期に散布すると高い効果を期待できます。

「STダコニール1000」

TPNを有効成分とする保護殺菌剤。きゅうりの代表的な病害であるうどんこ病、褐斑病、べと病などに効果があり、同時防除も可能です。

「ボトキラー水和剤 」

納豆菌の仲間であるバチルス菌が有効成分。予防的に散布し、バチルス菌を葉などに棲みつかせることでうどんこ病など、バチルス菌以外の菌の繁殖を抑制します。

【発生後の対策】発病した葉は速やかに取り除き処分を

うどんこ病の被害を最小限に食い止めるためには、早期発見・早期対処が何よりも重要です。

被害葉を発見したら、感染が広がらないよう速やかに周囲の葉とともに取り除き、胞子が飛ばないようビニール袋などに入れてほ場から持ち出しましょう。

被害葉の周辺は、すでに胞子がついている可能性もあります。そこで、速やかに「ブリザード水和剤」など、発病直後の治療効果がある殺菌剤を散布すると、被害の拡大を防げます。

キュウリうどんこ病は、きゅうりに発生しやすい代表的な病害です。症状の特徴や他の病害との違いを知り、早期に病害を発見しましょう。

また、発生してしまうと伝染も早く防除が困難なため、耕種的防除や農薬のローテーション散布などを併用して、予防や早期防除を心がけましょう。

大曾根三緒

大曾根三緒

ビジネス、ペット、美術関連など多分野の雑誌で編集者として携わる。 全国の農業協同組合の月刊誌で企画から取材執筆、校正まで携わり、農業経営にかかわるあらゆる記事を扱かった経験から、農業分野に詳しい。2019年からWebライターとして活動。経済、農業、教育分野からDIY、子育て情報など、さまざまなジャンルの記事を毎月10本以上執筆中。編集者として対象読者の異なるジャンルの記事を扱った経験を活かし、硬軟取り混ぜさまざまなタイプの記事を書き分けるのが得意。

recommended