BASF We create chemistry
ネギの軟腐病はなぜ起こる? 原因と正しい防除方法を解説
出典 : HP埼玉の農作物病害虫写真集
  • 生産技術

ネギの軟腐病はなぜ起こる? 原因と正しい防除方法を解説

軟腐病はネギの代表的な病害の1つです。軟腐病は一度発生するとその後の防除が難しいため、作付け前の積極的な予防が重要です。この記事では、軟腐病をはじめとするネギの病害虫への対策法をご紹介します。安定した経営を続けるためにも、病害虫の特徴や適切な対策法を理解しておきましょう。

ネギは各地で栽培され、広く流通する作物ですが、農家にとっては、病害虫に悩まされる作物でもあります。

今回は、ネギの軟腐病に焦点を当て発生原因と防除方法を解説します。併せて、そのほかの主要病害虫とその基本的な防除方法も紹介します。

ネギの軟腐病とは?

根深ネギ(長ネギ)の軟腐病 発病株

根深ネギ(長ネギ)の軟腐病 発病株
写真提供:HP埼玉の農作物病害虫写真集

ネギの軟腐病の発生時期と症状

軟腐病の被害が発生しやすい時期は5~10月ごろで、収穫期が近づいた株に多く発生しやすい一方、育苗中の株には発生しにくいのが特徴です。

地上部で被害が発生した場合の初期症状は、葉の展開部に生じる水浸状の病斑です。その後、病斑が生じている箇所から徐々に腐り始め、最終的には株全体が枯死します。

また、軟腐病は地下部から発生するケースもあり、この場合は茎内部の腐敗によって地上部が生育不良となるのが一般的です。

いずれの場合も、被害が進展するにしたがって軟腐病特有の異臭が強くなります。

ネギ軟腐病 多発ほ場(葉ネギ)

ネギ軟腐病 多発ほ場(葉ネギ)
写真提供:HP埼玉の農作物病害虫写真集

ネギの軟腐病の原因

ネギ軟腐病の病原菌は「Pectobacterium carotovorum(ペクトバクテリウム カロトボラム)」という細菌です。この細菌はネギだけでなく、アブラナ科やナス科などを中心とした多くの野菜類に寄生し被害を及ぼします。

土壌伝染性の病害の1つで、病原菌は株元の土壌や葉の上で増殖し、株に付いた傷や気孔部から侵入します。

ネギは本来、自らを保護するワックスが多く存在するため、病原菌が侵入しにくい作物です。しかし、土寄せ時や強風時の葉擦れなどでできた傷があると、病原菌の侵入が容易になり、条件次第でどの株でも発生する恐れがあります。

感染源は、潅水や降雨後の泥はねなどであるケースが多く、台風や長雨、土壌の多湿は発生のリスクを高める要素になります。

水田転作のほ場は多湿になりがちで、帯水も起こりやすいことから発生するリスクが高いといえるでしょう。また、同じ土壌伝染性の病害である萎凋病や根腐萎凋病に感染した株は、軟腐病にもかかりやすくなることが知られています。

水田転作での秋冬ネギ栽培

topaz☆ / PIXTA(ピクスタ)

ネギの軟腐病の防除のポイント|予防が第一

軟腐病は、最終的に株が枯死することもあり、収量減につながるため、積極的な防除が必要です。以下で具体的な防除方法をご紹介します。

耕種的防除

ネギの本圃 定植作業

川村恵司 / PIXTA(ピクスタ)

軟腐病は、一度発生してしまうと、その後の防除は困難です。そのため、発生を防ぐための耕種的防除が非常に重要です。

本圃の準備

軟腐病の病原菌は、雑草の根の周りや被害残さで生存し続けるので、定植前に入念な土壌消毒を実施しましょう。

また、ほ場の排水性を高めること(額縁明渠、高畝に仕立てるなど)、窒素肥料の多用を避けることも重要です。

輪作体系の導入

一度、軟腐病が発生したほ場で連作すると病原菌の密度が濃くなり、被害の程度が高まる可能性があります。前作で軟腐病の被害程度が高い場合は、非宿主植物との輪作体系を組んで病原菌の密度を下げることも検討してください。

定植後

発病株を見つけたときは周囲に伝染しないことを第一に考え、発病株だけでなく、周辺の株も取り除きます。これらの株は、病原菌の飛散を避けるため袋などで覆い、ほ場から離れた場所で処分します。

予防のための農薬散布

ネギほ場の農薬散布

川村恵司 / PIXTA(ピクスタ)

耕種的防除と同じく、軟腐病における農薬散布は予防のために行うのが基本です。

地上部の散布で登録のある農薬は「スターナ水和剤」「バリダシン液剤5」「カスミンボルドー」などです。

一方、土寄せ時の傷から侵入することを防ぐための株元散布には「オリゼメート粒剤」など、株元散布に適用がある農薬を使用します。

そのほか、生物農薬である「マスタピース水和剤」や「バイオキーパー水和剤」を使用することもできます。

軟腐病以外にも注意したいネギの病害虫と対策

次に、ネギの栽培において軟腐病以外に注意すべき病害虫とその対策法を紹介します。

さび病

ネギ さび病 発病株

ネギ さび病 発病株
写真提供:HP埼玉の農作物病害虫写真集

さび病には、4月ごろと9月ごろの2回、多発期があり、大きな被害を及ぼします。

かびの一種である糸状菌が株に感染することで発病し、被害株は葉にオレンジや黄色の小斑点を多数形成します。症状が進行すると葉の表皮が破れるほか、ひどいときは株自体が枯死する恐れもあります。

主に4月ごろから発生し、被害の最も大きくなる7月上旬を過ぎるといったん終息する傾向にありますが、9月に入ると再度発病期に入ります。そのため農薬散布は、4月と9月の2回にわたって行います。

ネギのさび病に適用がある農薬には、「メジャーフロアブル」「シグナムWDG」「サプロール乳剤」「テーク水和剤」などがあります。

萎凋病

ネギ 萎凋病 発病株。下葉が湾曲、黄化、萎凋する(左)。茎盤部は褐変している(右)

ネギ 萎凋病 発病株。下葉が湾曲、黄化、萎凋する(左)。茎盤部は褐変している(右)
写真提供:HP埼玉の農作物病害虫写真集

ネギの萎凋病は、育苗期から定植後60日までの間に多く発生します。

萎凋病に罹患したネギの株には、まず下葉の黄化や根の褐変といった症状が見られ、病状が進行するにつれ下部から湾曲し、最終的には根や茎が腐敗して枯死します。

萎凋病も土壌伝染性の病害であることから、発生後の防除は困難で、耕種的防除と予防的農薬散布が基本です。

被害が多発したほ場では連作を避け、「クロールピクリン」や「バスアミド微粒剤」などを用いて土壌消毒をしっかり行いましょう。

定植前の苗を、「トリフミン水和剤」や「トップジンM水和剤」などで根部浸漬処理することも有効です。

定植後、萎凋病が発生してしまった場合には、まず発病株及び周辺株を取り除くことが重要で、その後の農薬散布も一定の効果を期待できます。

育苗期のネギ

kinpachi / PIXTA(ピクスタ)

褐色腐敗病

褐色腐敗病は、ネギの病害の中でも比較的新しく認知されたものです。発生すると、葉鞘の軟白部に褐色の条線が生じ、最終的には腐敗してしまいます。

原因となる細菌は高温多湿条件を好み、8~9月にかけての発生が多くなっています。特に長雨が続くと発生しやすくなりますが、残念ながら褐色腐敗病に有効な登録農薬はまだありません。

そのため、各地の試験場などで防除対策の試験研究が行われていますが、福井県農業試験場では、有効な耕種的防除として、消石灰とオオムギ緑肥の土壌混和を紹介しています。

消石灰単独、あるいは、消石灰とオオムギ緑肥を土壌混和すると褐色腐敗病の病原菌密度が低くなる傾向があるという試験結果が報告されています。

出典:ふくいアグリネット(福井県農業試験場運営)「ネギ主要病害虫の防除対策」

ネギハモグリバエ

ネギハモグリバエ幼虫による食害痕

ネギハモグリバエ幼虫による食害痕
写真提供:HP埼玉の農作物病害虫写真集

ネギハモグリバエは、その名の通りハモグリバエの一種で、毎年5月から9月下旬ごろまで発生します。成虫は葉に小さな穴を空けて吸汁被害を及ぼし、幼虫は葉の内部から葉肉を食害して生育不良の引き金となります。

発生してもすぐに株の枯死に至るケースはそれほど多くありませんが、幼苗期に増殖すると被害が大きくなりやすく、葉ネギにおいては緑色部の見た目が悪くなり、出荷できなくなる場合もあります。

ネギハモグリバエの蛹は、土中にいることから、成虫期または幼虫期の農薬による防除が基本です。登録農薬としては「ディアナSC」「プレバソンフロアブル5」などが挙げられます。

ネギアザミウマ

ネギアサミウマの被害葉(かすり状の食害痕)

ネギアサミウマの被害葉(かすり状の食害痕)
写真提供:HP埼玉の農作物病害虫写真集

ネギアザミウマによる被害は4月~9月下旬にかけて見られます。特に多いのが6~7月上旬にかけてで、葉の表面の食害が大きいと葉全体が白くなって生育不良や枯死の原因となる恐れがあります。

基本的に被害は葉の部分に偏ることから、特に葉ネギ栽培では大きな収量減につながり被害は深刻です。一方、根深ネギ(長ネギ)の場合は出荷直前に新葉への食害がなければ、生育不良を除いて大きな影響とはならないケースもあります。

代表的な登録農薬としては、播種時の育苗培土混和や定植時の散布には「ベストガード粒剤」、定植後の散布には「ベネビアOD」「ハチハチ乳剤」が挙げられます。

根深ネギ(長ネギ)の出荷準備

YUMIK / PIXTA(ピクスタ)

ネギには軟腐病をはじめ、さび病や萎凋病など安定した出荷を妨げるいくつもの病害があります。特に土壌伝染性の病害は発生後の防除は困難であり、徹底した予防を心掛けることが大切です。

発生しやすい条件は毎年の気候やほ場によっても異なるので、作物の生育状況や病害虫予察情報をよく確認しながら予防と早期防除に努めてください。

中原尚樹

中原尚樹

4年生大学を卒業後、農業関係の団体職員として11年勤務。主に施設栽培を担当し、果菜類や葉菜類、花き類など、農作物全般に携わった経験を持つ。2016年からは実家の不動産経営を引き継ぐ傍ら、webライターとして活動中。実務経験を活かして不動産に関する記事を中心に執筆。また、ファイナンシャルプランナー(AFP)の資格も所持しており、税金やライフスタイルといったジャンルの記事も得意にしている。

recommended