BASF We create chemistry

農業の新しいカタチを創る~後編:魅力的なビジネスへの進化と「安心して誇りを持って長く働ける」環境作り

農業の新しいカタチを創る~後編:魅力的なビジネスへの進化と「安心して誇りを持って長く働ける」環境作り
出典 : 写真提供 株式会社サラダボウル

株式会社サラダボウルの田中社長は「金融機関出身の農業経営者」として山梨県中央市を本拠地にトマト農場を全国7ヵ所に展開しています。先進的な経営による「農家の新しいカタチ」を模索し、スタッフには「やりたいことを好きなだけやって楽しんで!」と語りかけている田中社長に、これまでの軌跡を伺います。

株式会社サラダボウル 代表取締役 田中 進(たなか すすむ)さんプロフィール

株式会社サラダボウル 代表取締役 田中 進さん

株式会社サラダボウル 代表取締役 田中 進さん
写真提供:株式会社サラダボウル

山梨県のトマト農家の次男として生まれた田中 進さん(以下役職・敬称略)。横浜国立大学を卒業後、株式会社UFJ銀行(現・株式会社三菱UFJ銀行)で5年間、プルデンシャル生命保険株式会社で5年間勤務し、2004年に農業生産法人・株式会社サラダボウルを設立。

データドリブンな農業経営を実践し、トマトやレタスなどの大規模施設栽培を成功させた。2016年からはベトナムでも事業を開始し、国内外8つのグループ会社を経営している。

サラダボウルが考える「農業の新しいカタチ」とは

田中さんは起業当初から「農業の新しいカタチを創りたい」と口にしていました。金融業界で身に付けた経営知識を活かし、農業を魅力的なビジネスに進化させようと考えていたのです。

社会的要請に応える高度環境制御型の大規模施設栽培

サラダボウルが確立した「高度環境制御型の大規模施設栽培」

サラダボウルが確立した「高度環境制御型の大規模施設栽培」
写真提供:株式会社サラダボウル

サラダボウルがめざしているビジネスのスタイルは「社会的要請に応えること」だと田中さんはいいます。

個別の需要に対応して作物を供給していくのはもちろんですが、大きな時代の流れの中で、自分たちの立ち位置を見定めているそうです。

株式会社サラダボウル 代表取締役 田中 進さん(以下、敬称・役職略)  僕たちは「お客様がほしいものを、ほしいときに、ほしい価格で提供する」という 社会的要請の1つに応えようとしています。

それを実現するための1つの手段として、大規模な農場を複数展開しています。その土地についても地域と連携していくなかで「使ってほしい」という社会的要請に応えているのです。また、安定した価格を実現するために、徹底した原価管理にも取り組んでいます。

それを追求していった結果が、高度環境制御型の大規模施設によるサラダボウルスタイルだといいます。

フードバリューチェーンを意識した価値づくり

株式会社サラダボウルは、流通の現場と一緒になって棚作りし、消費者に価値を届ける

流通の現場と一緒になって棚作りし、消費者に価値を届ける
写真提供:株式会社サラダボウル

サラダボウルの農業ビジネスの根底には「価値づくり」があります。

田中 農業経営は販売で決まる、とよくいわれますが「作物を売るだけ」というビジネススタイルでは、もはやうまくいかない時代になったのかもしれません。

例えばサラダボウルは、取引先のスーパーから野菜売場の棚の一角を任されています。 スーパーに作物を売るというよりも 、販売の現場と一緒になって棚作りをして、消費者に価値を届けているのです。

消費者に価値を届けるには、安定供給できる生産技術がベースになければなりません。

田中 「高度環境制御型の大規模施設栽培」による、1年を通して作物を安定的に供給できる体制を実現しているのはサラダボウルならではの戦略だと思います。

サラダボウルでは、マーケティングからセールスプロモーションまでを、1つの流れとして考えています。

株式会社サラダボウル 作物の安定供給を叶える、高度環境制御型の大規模施設栽培

作物の安定供給を叶える、高度環境制御型の大規模施設栽培
写真提供:株式会社サラダボウル

さまざまなパートナー企業との連携

サラダボウルは、農業の枠にとらわれず、さまざまな異業種の企業との提携や協業を積極的に行っています。

例えば、NTTグループとは、農業の生産性向上を目的とした共同実証実験に取り組んできました。

この取り組みを推進することで、ハウス内の温度や湿度などの環境情報を「見える化」し、収量や品質の安定化と出荷コントロールなどが、データに基づいて判断できるようになるといいます。

AIやICT技術を活用した次世代施設園芸施設

AIやICT技術を活用した次世代施設園芸施設
写真提供:株式会社サラダボウル

データに基づく経営判断

サラダボウルは、月に1回以上の頻度で「データドリブンミーティング」とよばれる社内会議を実施しています。

この会議には、すべての農場から農場長やマネージャーなどが参加しており、データに基づいて、さまざまな議題が話し合われるそうです。

田中 ある農場で成功したやり方を、ほかの農場でも実現するにはどうしたらいいかなど、さまざまな議論をしています。原価管理や現場改善に関しても、データドリブンミーティングで話し合います。

「農業の新しいカタチ」を支えるサラダボウルの人材育成

経営者という視点で、農業ビジネスをシステマチックに改善してきた田中さんですが、それを支えているのは「人」だと語ります。

「事業を成功させるためには、人づくりが重要である」というのは、田中さんが銀行員時代に学んだことでした。

しかし、農業の現場を見てみると、人材育成の面で大きな問題を抱えていると強く感じたといいます。

農業に人材が集まらない理由

田中 実は「農業の現場で、こんなことをやってみたい」と考えている若い人たちはたくさんいます。しかし、農業に興味があっても、労働環境や収入の面で二の足を踏んでしまう現実があります 。

「安心し、誇りを持って、長く働ける」環境づくり

サラダボウルも立ち上げ当初は、社員が1日十数時間働かなければならない過酷な環境でした。

田中 人材募集や人材育成をする前に、まずは「働く人たちが安心し、誇りを持って、長く働ける」環境をつくらなければならないと考えました。

そして、田中さんは、事業内容の見直しと取り組むべき事業の絞り込みを行い、適正な労働環境を整えたといいます。

田中 サラダボウルは週休2日制です。1日の労働も基本的に定時で終り、ほとんど残業はありません。

私たちはサラダボウルで働きながら、豊かで幸せな生活を送り「この仕事をしてよかった」と思えることをめざしています。

農業経験を問わない人材募集

さまざまな人材が集まるサラダボウル

さまざまな人材が集まるサラダボウル
写真提供:株式会社サラダボウル

田中 もちろん「農業未経験者」に限って募集したわけではありません。しかし、サラダボウルの現場は、「従来の個人農家」とはイメージが少し違うかもしれません。そのため農業未経験者でも、困ることはありません。

農業経験を問わないため、サラダボウルには、企業出身者や大学で専門知識を学んだ人など、多種多彩な人材が集まったのです。

次世代の農業リーダーを育成

サラダボウルでは、これまで1,000人以上の農業研修を受け入れ、人材育成に力を入れてきました。

積極的な人材育成に取り組むサラダボウル

積極的な人材育成に取り組むサラダボウル
写真提供:株式会社サラダボウル

勉強会や意見交換会を行い、新しい人材が互いに切磋琢磨できる環境を整えています。さらに、優れた経営感覚を持った次世代リーダーを育成するための「オンラインアグリビジネススクール」も開催しました。

プレイングマネージャーから「経営者」へ

サラダボウルを立ち上げたばかりの頃、田中さんは自分を「プレイングマネージャー」と認識していました。経営者ではなく、現場の一員としても働いていました。

しかし、あるときスタッフから「今後は、社長業に徹してほしい」と言われたそうです。

田中 「社長は自分たちが見ているより、もっとずっと先のことを見てほしい」と言われました。なるほどと思いましたね。

「現場は社員に任せる」と語る 株式会社サラダボウル 代表取締役 田中さん

「現場は社員に任せる」と語る田中さん
写真提供:株式会社サラダボウル

現場を任せられる次世代リーダーが育つ環境だからこそ、田中さんは「経営者」として、先を見据えた経営に集中できるのです。

進化し続ける「農業の新しいカタチ」

田中さんは、今のカタチがゴールだとは考えていません。

田中 よく経営を山登りに例えて「1つの山の頂上に立つと、もっと高い山が見える」といいますが、本当にそうだと思います。

目の前にある山が1番高いと思って登ってみたら、その先にもっと高い山があった。そうして次々と山に登り続けていると、目標が上書きされていくのです。

これまでのサラダボウルは、社会的要請を的確にとらえることで、大規模施設栽培やデータドリブンな経営を進めてきました。

そして、人が集まる農業を実現するために、労働環境を整え、さまざまな人材を雇用してきました。

しかし、企業としての進化や社会的要請の変化に伴って、サラダボウルがめざす「農業の新しいカタチ」は、さらに姿を変えていくのではないでしょうか。

今後のサラダボウルの事業展開にも注目が集まります。

株式会社サラダボウル ホームぺージ
代表取締役 田中進さん Facebook

インタビューの前編も是非ご覧ください。

福馬ネキ

福馬ネキ

株式会社ジオコス所属。「人の心を動かす情報発信」という理念のもと、採用広告を中心にさまざまな媒体で情報発信を手がける株式会社ジオコスにてライターを務める。

おすすめ