BASF We create chemistry

稲わらの秋すき込み+石灰窒素で地力向上! 収量を増やす、水田の土作り方法

稲わらの秋すき込み+石灰窒素で地力向上! 収量を増やす、水田の土作り方法
出典 : johnny-nayuta / PIXTA(ピクスタ)

稲わらの秋すき込みは、気候などの要因で思うように腐熟が進まない場合がありますが、石灰窒素の散布によって腐熟を促進できます。実際に散布する場合の目安となる分量や散布の手順、同時に施用することでさらに地力を上げる肥料などについて詳しく解説しています。

作物の品質や収量を上げるには地力の向上が欠かせません。そのためには堆肥に近い効果を発揮する「石灰窒素を加えた稲わらの秋すき込み」がおすすめです。その効果を上げるポイントに触れながら、稲わらの秋すき込みの具体的な方法やメリットを紹介します。

地力を上げて収量アップ! 稲わらのすき込みが水田の土作りにもたらす効果

秋すき込み

dr30 /PIXTA(ピクスタ)

近年の気温上昇は水稲栽培にも強い影響を及ぼしています。その1つが、水稲の出穂期から登熟期まで高温が続くことで、高温障害により品質や収量が低下している問題です。

また、台風や大雨の増加により、収穫後に稲わらが流され、用水路や周辺の道路に流出・散乱してしまうという被害も発生しています。

こうした状況の改善に効果的なのが、収穫後に行う稲わらの秋すき込みです。秋のできるだけ早い時期に行い、すき込んだ稲わらが堆肥化する時間を十分とることで、地力向上に寄与します。

本来、地力向上に最も効果的なのは堆肥の投入です。しかし、堆肥作りと投入には非常に労力がかかることから最近では省略する農家が増えており、地力低下の要因の1つになっています。

田への堆肥投入

田舎の写真屋 / PIXTA(ピクスタ)

稲わらの秋すき込みは、堆肥を投入するよりも少ない労力でほぼ同等の効果が得られ、しかも、稲わらの処理と管理という問題も解決できます。

また、秋にすき込まれた稲わらは、土壌中で堆肥化することで、炭素を貯留してメタンの発生を抑制します。メタンは水稲の根腐れなど生育障害の原因となる「ワキ(ガス)」に多く含まれる成分であり、これを抑制すれば稲の生育も向上します。

さらに、メタンは温室効果ガスでもあるため、環境負荷の軽減にも役立つのです。

田植え後の水田 ガスが沸くこともある

sammy_55 / PIXTA(ピクスタ)

効果的な稲わらすき込みのポイントは「腐熟の促進」

これまでに稲わらのすき込みを行ったけれど、うまくいかなかったという方もいるでしょう。秋の稲わらのすき込みを効果的に行うには、いくつか注意すべきポイントがあります。そうしたポイントについて説明しますので、ぜひ参考にしてください。

未腐熟な稲わらの春すき込みにはデメリットが多い

もともと秋耕をせず春耕のみを行っていた人は、秋に刈り取ったあとの稲わらを放置し、春耕の際にすき込む場合が少なくないようです。

しかし、稲わらは地上に積んだまま放置しても腐熟せず、すき込まれてから腐熟を始めるので、春にすき込むのでは間に合わず、未腐熟のまま田植えを迎えてしまいます。

春の田おこし

G-item /PIXTA(ピクスタ)

微生物が有機物を分解する過程では窒素や酸素を多量に吸収します。そのため、苗が植えられてからも稲わらが腐熟を続けていると、土壌中の酸素と窒素が不足してしまいます。

そして、土壌中の酸素が欠乏すると有機酸、硫化水素などが発生して還元状態となり、作物の養分吸収が阻害されてしまうのです。

この状態になると除草剤の薬害が出やすくなりますので、注意が必要です。また、窒素不足では、水稲の初期成育も抑制されていきます。

こうしたことから、春に稲わらをすき込むと効果がないどころか、かえって逆効果になってしまうこともあるのです。

これを避けるためには秋に稲わらをすき込み、春までに十分に腐熟させることが重要です。そのあとに春耕することで、栄養豊富な土壌になるのです。

稲わらの腐熟を促進させる条件

藁の腐熟

Wirestock - stock.adobe.com

秋に稲わらをすき込んだのに、うまくいかなかったというケースもあるでしょう。効果的に腐熟を促進するには単に秋に行うだけでよいのではなく、微生物が活動しやすい条件を整える必要があります。

まず大切なのが、地温が十分に高いことです。土壌微生物が活発に活動するためには地温15℃以上が必要です。

そして、微生物が稲わらを分解するには十分な酸素と窒素も必要です。酸素が不十分でも、窒素が不足していても腐熟は進みません。

そのため、酸素を十分に行き渡らせるよう工夫したり、窒素を人工的に補ったりする必要があります。具体的な方法については後段で詳しく説明します。

加えて、地力を上げるためには、春耕までの間は田んぼを乾かすことも大切です。

効率的に腐熟を進め土壌改善するには「秋すき込み+石灰窒素」を

水稲の初期生育

K@zuTa / PIXTA(ピクスタ)

上述した腐熟条件を整えた稲わらの秋すき込みにおいて、さらに腐熟促進剤として「稲わらより炭素率の低い窒素肥料」つまり石灰窒素を施用すると、効果をより高められます。

微生物が稲わらを分解する際には多量の窒素を吸収するため、窒素を補給してあげることで、分解作用をより活性化させられるのです。

その効果を明確に示したのが、埼玉県の農家で行われた稲わらの秋すき込みの実証実験です。この実験では、同じほ場の石灰窒素を施用した地区と施用しなかった地区とで、移植3週間後の水田の状況や苗の生育状況を比べました。

結果は、石灰窒素を施用した地区は、施用しなかった地区よりも「浮きわら」(腐熟できなかったわらが浮いてくる現象)の発生率が減り、ワキの発生もなく、稲の初期生育が良好でした。

出典:JAcom 農業協同組合新聞「【特集・土づくり】地力増強と環境にやさしい農業を 石灰窒素による稲わら秋すき込みで」

同記事内では、福島県農業試験場で行われた試験についても紹介しています。その試験では、稲わらの秋すき込みに、「石灰窒素を施用した場合」と「施用しなかった場合」、そして「無施用で春すき込みを行う場合」に分けて、発生するメタンの量をそれぞれ測定しました。

試験結果として「秋すき込みで石灰窒素を施用する場合に、発生量を大幅に抑えられる」という結果が報告されています。

秋のすき込みには別のメリットもあります。

土壌中にいもち病や紋枯病などの病原菌、害虫の卵や幼虫、雑草の塊茎や種などがある場合、耕うんによってそれらを埋め込んだり掘り起こしたりすることで、ある程度死滅させることができます。この効果も、収量や品質アップにつながる大切なポイントとなっているのです。

参考:石灰窒素の土作り効果についてはこちらの記事もご覧ください

具体的な手順は? 「稲わらの秋すき込み+石灰窒素添加」のやり方

次に、実際に稲わらの秋すき込みや石灰窒素の施用を行う際のコツについて、具体的に説明します。

作業を行う時期は「収穫後できるだけ早く」が正解

収穫が終わってからできるだけ早く作業を行う理由は、「地温が15℃以上の日が多い時期に行うことで、すぐに微生物が活発に活動しはじめ、腐熟が速く進むため」です。

地域や気候によって前後しますが、1日でも多く15℃以上の日が続くようにしましょう。それには収穫後、初秋のうちにできるだけ早く実施することが重要です。

東北などの冷涼な地域では15℃以上になる期間が短く、作業時間を確保しにくいことから、秋のすき込みが難しいかもしれません。その場合には、秋にまとめておいた稲わらの上に石灰窒素を表面施用し、それを春にすき込むのもよい方法です。

前出のJAcomの出典元では、山形県農業総合研究センターが行った試験についても紹介しています。そこでは、「石灰窒素を表面施用した稲わらのほうが、施用しなかった稲わらを春にすき込むよりもメタンの発生が大幅に抑えられた」という結果が出ています。

すき込む深さは「5~10cm程度の浅め」でOK

田の秋起こし

chinen / PIXTA(ピクスタ)

窒素と同様に酸素も腐熟を促進するために必要です。十分な酸素を供給するためには、耕深は10~15cm程度の深さにとどめます。それによって、土壌中の稲わらまで酸素が行き渡ります。

可能であれば、秋のうちに2回、もしくは秋と春に1回ずつ耕起しましょう。残った酸素や窒素がならされ、より効率的に腐熟を進めることができます。

また、春耕までの間は田んぼをしっかり乾燥させることも大切です。土壌を乾燥させてから春耕することで、土壌中にある窒素のうち多くを占める有機態窒素が、植物に吸収されやすい無機態窒素に変わります。土壌の乾燥を促進させるためにも、10~15cm程度の耕深がよいでしょう。

コンバインで裁断後、プラウやロータリーですき込みを

コンバインやフレールモアで裁断された稲わらは、ほ場全体に均一に散らし、上から石灰窒素を散布してプラウやロータリーですき込みます。その際、稲わらが山盛りになっていると腐熟にムラが生じるので注意が必要です。

また、冬の間の灌水も腐熟を妨げ還元状態になるので、湿田や排水の悪い水田の場合は、すき込みの際に排水溝を作るなどの対策をしましょう。

添加する石灰窒素の量は「10a当たり20kg」が目安

土壌中で有機物が腐熟する速さは、炭素率(C/N比)という炭素と窒素の割合が関わっており、この炭素率が低いほど、早く腐熟する傾向があります。

つまり、分母となる窒素を土壌に加えることで炭素率が小さくなり、その分腐熟が早まるということです。「10a当たり稲わら500kgに対し石灰窒素20kg散布」が基本の目安量です。

石灰窒素に加えて、ようりん40kgまたは苦土重焼燐20kg、リンスター25kg、ケイカル120kg、アヅミン30kgなどの肥料を合わせて施用すると、さらなる土壌改善効果が期待できます。

こうして多様な養分をバランスよく含ませてやることで土壌は肥沃になり、地力が上がります。地力を保つためには、毎年こうしたすき込みを続けることが大切です。


出典:JA全農「土壌診断について」のページの「土壌診断結果をより詳しく知りたい方へ」の項に所収の「稲わら・有機物」

参考:C/N比と腐熟速度についてはこちらの記事をご覧ください。

稲わらの秋すき込みは、堆肥と同等の効果を発揮して地力を上げる効果があります。また、作物や環境に有害な有機酸、硫化水素やメタンの発生を防いだり、病害虫や雑草の発生を抑えたりとさまざまな効果があります。

収穫が終わったらできるだけ速やかに稲わらと石灰窒素を散布し、すき込みを実施しましょう。

大曾根三緒

大曾根三緒

ビジネス、ペット、美術関連など多分野の雑誌で編集者として携わる。 全国の農業協同組合の月刊誌で企画から取材執筆、校正まで携わり、農業経営にかかわるあらゆる記事を扱かった経験から、農業分野に詳しい。2019年からWebライターとして活動。経済、農業、教育分野からDIY、子育て情報など、さまざまなジャンルの記事を毎月10本以上執筆中。編集者として対象読者の異なるジャンルの記事を扱った経験を活かし、硬軟取り混ぜさまざまなタイプの記事を書き分けるのが得意。

おすすめ